出版




ウィルソンの屋久島 - 100年の記憶の旅路
Wilson’s Yakushima - Memories of the Past


屋久島世界自然遺産登録20周年記念出版

2013年 KTC中央出版
100年の眠りからいま、よみがえる鮮烈な写真に込められた英国人プラント・ハンターの秘められたメッセージ。
Memories of the past revived from 100 years silence. Hidden message in the striking photographs from English Naturalist.

1914年(大正3年)2月、英国人植物学者アーネスト・ヘンリー・ウィルソンが屋久島に降り立った。 植物調査の際に、発見された巨大な切株は「ウィルソン株」と呼ばれ、現在では人気の観光スポット になっている。 この調査の際に、ウィルソンが撮影した写真がアメリカ・ハーバード大学で発見された。 ガラス乾板に焼き付けられた当時の写真には、屋久島の豊かな森林とともに、彼に同行した地元の村人と 思われる青年たちの姿も見られた。 今回、これらの写真やウィルソン自身が書き残した研究資料などを もとに、彼らの足跡をたどることができた。屋久島で育まれてきた雄大な自然の中でウィルソンが抱いた 熱い思いと、それを引き継いだ村の若者たちの物語がここに紐解かれる。

>about book

第40回南日本出版文化賞受賞!
「ウィルソンの屋久島」古居智子著
第40回南日本出版文化賞は古居智子著「ウィルソンの屋久島-100年の旅路」 (KTC中央出版、A4変型版、96ページ、1944円)に決まりました。 同賞は、鹿児島・宮崎県在住者および出身者による初版干物から、地域社会の発展 と地方文化の向上に尽くした図書に贈られます。 今回は2013年4月~14年3月に刊行 された32点が応募。選考会は13日、鹿児島市の南日本新聞会館であり、石田忠彦 (かごしま近代美術館アドバイザー)、 田村省三(尚古集成館館長)、鮫島吉廣 (鹿児島大学客員教授)の3氏が審査しました。 受賞者の横顔や選考経過、講評は 5月下旬以降に掲載します。贈呈式は6月10日午後2時から、南日本新聞会館で開きます。  南日本新聞社 2014年5月14日(水)南日本新聞の記事より

ウィルソン 沖縄の旅 1917
Wilson in Okinawa
2017年 琉球新報社



伝説のプラント・ハンターが撮った沖縄、100年の時を経てよみがえる風景。沖縄の自然、文化、そして現在写真との比較による景観の変化を探る。
Hidden record of the past – the account of E.H. Wilson’s 1917 expedition to Okinawa., including photographs of Okinawan nature and culture, and many examples of how those scenes have changed.

>about book
>琉球新報 書評



ウィルソンが見た鹿児島の自然 - プラント・ハンターの足跡を追って
Wilson’s Kagoshima - Tracing the Footsteps of a Plant Hunter
2016年 南方新社



1914(大正3)年2月、屋久島ウィルソン株に名を残した植物界の巨人、E.H.ウィルソンは桜島大噴火直後の鹿児島に足を踏み入れた。ナチュラリストのカメラが捉えた鹿児島の自然を追い100年の記憶をたどる旅が今、始まる。
E.H. Wilson, legendary Plant Hunter, arrived in Kagoshima just after the historic volcanic eruption in 1914. Documenting his pioneering expedition of 100 years ago reveals a wealth of information of Kagoshima’s past.

>about book
>琉球新報 書評



増補版 密行 最後の伴天連シドッティ
2018年 敬文社



好評につき遺骨発見のくだりを追加して、増補版を緊急出版! 埋葬からちょうど300年後の2014年、東京文京区の切支丹屋敷跡から発掘された遺骨が国立科学博物館のDNA鑑定でイタリア人宣教師シドッティのものと確定。大きな驚きが世界を駆け巡った。  はるかジェノバから、屋久島、長崎、そして江戸へと渡り、新井白石に「羅馬人と出会い候こと、一生の奇会たるべく候」と言わしめ、『西洋紀聞』を書かせたシドッティ。彼は身の回りの世話をしてくれた日本人夫婦に洗礼を授けたとして牢につながれたが、最後まで棄教することなく、47歳の生涯を終えた。彼の切支丹としての壮絶な生涯が、300年以上の歳月を経て、ここに蘇る。

>about book



密行 最後の伴天連(ばてれん)シドッティ
2010年 第一版 新人物往来社/ 2013年 第二版 中経出版


「羅馬人に出会い候こと、一生の奇会たるべく候」 300年前、黒潮が南の島から1人の男を運んできた。それが日本の歴史を大きく左右した大事件の始まりだったことを知る人は、少ない。 屋久島、長崎、そして江戸。新井白石に『西洋紀聞』を書かせたイタリア人神父の凄絶な生涯を膨大な文献記録と実地調査を基に描く。
奇跡の発見! 没後ちょうど300年。2014年の夏、切支丹屋敷跡から3体の人骨が発見された。2年近くにわたる詳細なDNA調査の結果、その1体がシドッティ神父で、残りの2体が神父と共に殉教した長介、おはるのものであることが特定された。
>more 共同通信 新聞記事

>about book



L’ultimo missionario
La storia segreta di Giovanni Battista Sidotti Giappone
最後の宣教師 ジョヴァンニ・バッティスタ・シドッティの日本での知られざる歴史
「密行」イタリア語版 2017年 Fondazione Terra Santa – Milano テラ・サンタ社(ミラノ)



Un uomo solo, con la sua fede e il suo coraggio, sospeso tra la vita e la morte. Da una missione impossibile nasce il dialogo tra due uomini straordinari che riavvicinano Oriente e Occidente.
信仰と勇気を抱き、たった一人で生と死の間に取り残された男。一つのミッション・インポッシブルから、東洋と西洋を近づけることになる二人の数奇なる男たちの対話が生まれた。
Ⅱ12 ottobre 1708 la corrente dell’oceano porto un uomo ad approdare sull’isola di Yakushima. Pochi sanno che questo fu l’inizio di un avvenimento che influenzo notevolmente la storia del Giappone.
1708年、日本。時は鎖国化。外国人(とりわけキリスト教宣教師)との一切の接触は禁止され、厳しく規制されていた。激しい迫害が吹き荒れる中、 1708年10月12日、サムライの格好をした一人の外国人がひっそりと屋久島にたどり着いた。彼の名はジョヴァンニ・バッティスタ・シドッティ、イタリア人の宣教師だった。 彼は即刻捕らえられ幽閉される。男の運命は棄教か死刑か、ふたつにひとつ。しかし良きしないことが起きた。儒学者で将軍の重臣である新井白石は自らがシドッティを尋問することを決める。 ここから数奇なる対話が生まれた。シドッティは棄教を迫られることなく命を取り留め、白石はシドッティとの対話に着想を得て日本の開国の礎となる重要な作品を執筆する。 シドッティは隔離された地下牢で死んだが、彼の犠牲は無駄ではなかった。2014年7月、幽閉された土地からシドッティの遺骨が発見され、DNA鑑定の結果、彼の存在が立証された。
>more イタリア新聞記事







Le dernier missionanaire Histoire secrete de Jean-Baptiste Sidotti au Japon
「密行」フランス語版 2018年 Salvator-Paris サルバドール社(パリ)



>about book



はじまりのかたち - 屋久島民具ものがたり -
文/古居智子 絵・黒飛淳 2013年 NPO法人屋久島エコ・フェスタ



屋久島民具のもの語り 紡がれ 編まれ 組まれていく 親から子へ語り継がれるもの語りがそこにあった。日々のほとりには手づくりの道具たちがいつも寄り添っていた。 >about book



屋久島 島・ひと・昔語り



屋久島在住のお年寄りの聞き取りをもとに、物語を構築。暮らしの息遣いが伝わる文章で、自然と共に生きた民の日常を描く。 島と人、自然と暮らし、みんなひとつに溶け合っていた時間が確かにあった。そして、その頃の記憶をしっかりと持っている人たちがここにいる。 島のお年寄り八十余名の聞き語りをもとに、屋久島の昔の暮らしを再現!
2007年 第一版南日本開発センター /第二版 2013年 NPO法人屋久島エコ・フェスタ >about book



屋久島 恋泊日記



この島には、失われた日本(にっぽん)があった。 アメリカから世界遺産の島、屋久島へ。太平洋を渡った来たり人の生活(ライフ)実録(ドキュメント)。
A Diary of Real Life in Yakushima.
1998年 南日本新聞社 >about book



夢見る旅 『赤毛のアン』
Finding My Anne



永遠の名作をより深く味わうために 文藝春秋編 文春文庫ビジュアル版 1992 年 文藝春秋



古居智子事務所
〒891-4405 鹿児島県熊毛郡屋久島町小島178 TEL&FAX 0997-47-3206
office Tomoko furui
178Koshima Yakushima-tho Kumagegun Kaghosima Japan 891-4405